交代制の病棟看護師のシフト

病棟看護師の場合、3交代制の勤務形態で働く場合が多いです。3交代制は基本的に日勤、準夜勤、夜勤の3パターンのシフトに分かれます。日勤では、医師の指示を仰ぎ患者の処置をしたり入院患者の世話を行ったりします。主な業務は入院患者の検温や血圧測定、入浴介助などです。また、夜勤を担当した看護師からの申し送りや引継ぎなども行われます。日勤は8時半頃からというのが一般的ではあるものの、早めに出勤して患者の様子を見て不安や疑問などがないか、精神的ケアも行いたいところです。

そして16時半頃から1時15分頃までの勤務が、準夜勤です。やはり始めに患者の情報収集と申し送りを行い、配薬などの準備や確認をして食事介助などを行います。食事が終わったら検温や記録管理をしつつ就寝前のケアをして、患者がスムーズに休めるよう配慮してあげることが大切です。消灯後は0時前に巡回し、深夜勤担当の看護師に申し送りを実施します。

それから深夜勤は、0時半頃から9時15分頃までのシフトです。申し送り後は配薬や点滴などの準備をして、2時間ごとに体位変換しながら巡回を行います。朝になったらモーニングケアを行い食事介助、検温及び記録をし、日勤の看護師に申し送りをして帰ります。病棟看護師の仕事は夜勤があるのが特徴です。本来休むべき深夜に働くことから、体調を崩すなどのトラブルを抱える人もいます。休日は仕事を忘れてリフレッシュできる方法を探すなどしてストレスを溜めないようにしたいところです。また、思い切って夜勤専用の看護師になるというのも一つの方法です。