家庭と両立をする看護師について

急速な少子高齢化の進行に伴い医療的なケアを必要とする患者数は増え続けており、医療現場では沢山の看護師が必要な状況になっています。そんな状況の中看護を担う労働人口は減少しており、一度職を離れた看護師は復帰する人が少ないので日本看護協会や各医療現場ではワークライフバランスの実現に向けた取り組みも行われています。

医療現場で働く看護師の多くは女性であり、結婚や出産の影響を受ける女性も少なくなく交代制勤務の為両立が難しくなり退職する場合もあります。ワークライフバランスは沢山の看護師が家事や子育てと両立しながら、無理なく仕事を続けられるようにサポートするものです。このワークライフバランスの中身としては多様な勤務形態の普及というものがあります。例えば短時間正社員であれば正社員と同じような仕事を行い非正規より保障が充実することや、1日の所定労働時間・1週間の所定労働時間が少ないことが挙げられます。この制度を使えば通常の看護師より時間的・体力的負担が軽減される上に、正社員として勤務出来るので他の事と両立しながらキャリアを磨くことが出来ます。

またフレックスタイム制度を導入し1ヵ月の総労働時間の枠内で始業と終業時間を自由に決められる施設もあります。全体的に見るとまだまだこうした制度が導入されている医療現場は少ないですが、ワークライフバランスの実現に向けて積極的に様々な制度を取り入れている場所も存在します。